わがや電力WS


imageGW地球自給まつり
太陽光オフグリット発電システム

わがや電力WS

去年に発売された革命的自家発電本
わがや電力の著書 テンダー氏を招き
太陽光発電WSを行います

テンダーは今後新刊執筆活動の為
この機会は本当に貴重なWSになると思います

あとこの祭りの主旨に賛同し
普段より親切な値段設定で開いてくれます
テンダーありがとう☆

わがや電力WS
5/4日 9:00〜
参加費 ¥45,000 材料費込
配線代は各自の使用で長さが違うため
会場にて実費とさせていただきます

7名限定

参加資格
*参加の前に、必ずテンダー著「わがや電力」をお読みください。
(わからないで参加するよりも、わかってから参加した方が元が取れますし)
*WSの目的は「発電体験」ではなくて、「ソーラーオフグリッドを暮らしで便利に使うこと」です。よって、普段の暮らしでは自分で直し、メンテする必要が出てくるので、なるべく自分の頭で考えて、自分でやってみる姿勢でのご参加をお願いしたいです。
*参加締め切りは材料の発注の兼ね合いて4/13日に締め切らせていただきます

見学希望の方は自由料金で5名まで
配線が違うだけで機械が壊れる恐れあり
集中した製作時間のため
WS中の質問はお控えください
あと御心ずけ宜しくー!

みんなシェア宜しくね^ ^☆
*WS参加希望の方はこちらにメッセージ宜しくお願いします

WS会場は天気が良ければ野外で行います

「わがや電力 – オフグリッドソーラーシステム制作WS」
持って帰れる「100Wのソーラーシステム」作成ワークショップです。WSの目的は「発電体験をすること」ではなくて、「オフグリッドソーラーシステムを便利に使うこと」なので、事前にテンダー著「わがや電力」を読んでからご参加できる方・7名様限定。
100Wソーラーパネル(シリコン単結晶)、115Ahディープサイクルバッテリー、20A液晶付きチャージコントローラー、3連シガーソケット、その他もろもろ(2WLED、テスター、半田ごて、MC4コネクタなど)がWSに含まれます。配線は実費。

講師紹介
テンダー
ヨホホ研究所主宰。
http://yohoho.jp
火起こしから電子回路まで、先人の技術を引き継ぐ1万年目のこども。環境問題や争いを解決する手段として、先住民技術と対話を重んじる。職業はヒッピー。電気・水道・ガス契約ナシの年間家賃1万円の家、てー庵に暮らし中。KTS鹿児島テレビによる1時間特番「テンダーの思い」が九州民放祭で優秀賞受賞、FNSドキュメンタリー大賞ノミネート、2015年の第3位となる優秀賞受賞。南日本新聞「南点」欄にエッセイ連載、大好評のうちに2015年末に終了。
2015年7月に版元を設立。処女作となる「わがや電力〜12歳からとりかかる太陽光発電の入門書」出版。重版御礼、ウェブ直販でこれまでに3000部を販売。

“わがや電力WS” への6件のフィードバック

  1. 太陽光オフグリットシステムws
    参加希望です!

    元原発作業員を経て、今現在大地に根ざした暮らし実践中。
    いよいよ、電気の自給に踏み切りたし!

    1. 山下さん
      昼間にFacebookで予約頂き
      最後の枠が埋まりました。
      見学は残り一名開きがありますが
      いかがされますか?
      あとキャンセルが出た際に優先的に受けれるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です